に投稿

加熱調理でトマトの酸味を抑えるポイント

トマトの酸味を抑えるポイント温かいトマト料理ってなんだか酸味が残る…。そんな風に感じたことはありませんか?

トマトの酸味を抑えるポイント2なぜなら、トマトの酸味は加熱温度によって酸味が分解されずに残るからだそうです。じゃあ、酸味が残らない温度ってどれくらい?酸味が分解される温度は約170℃以上!ガスでは中火から強火の間くらいです。ですが、水を加えると沸点が下がってしまうため(調味料等によって温度がまばらになる)調理の際には注意がひつようです。

トマトの酸味を抑えるポイント3

じゃあ、どうやって調理すればいいの…?っと不安になりますが、酸味を抑えるポイントはあります!料理が苦手な私でも作れました(苦笑)なので、是非お試しください!

トマトの酸味を抑えるポイント4

酸味を抑える時に特に注意が必要なのは、水分が出る・入れる料理の時です。ピューレを加えるタイミングは自分が簡単だなっと思う方を参考にして頂ければと思います♪
●先入れ
水分を入れる前にピューレを加えて、中火~強火でしっかり加熱します。
※焦げ付かないように注意してください。
●後入れ
火を止めて最後にピューレを加えます。
※加熱する際は短時間でおこなってください。

トマトの酸味を抑えるポイント5

トマトの酸味を抑えるポイント6