小林農園とは

想 い

こだわり

概 要

お問い合せ

自然に寄り添い、
食べる、暮らし

山のてっぺん、広い草原と牛に囲まれて、

根羽村の豊かな自然の中で育ち、

「農業で村に若い人のための仕事場をつくりたい。」

そう、強く想ったのは17歳の夏。

想いを胸に入学した静岡大学の農学部。

そこで出会ったのは「寒暖差」や「山のきれいな水」など、

ふるさとの自然が生きるトマトのハウス栽培。

トマトなら故郷で農業ができると確信し、

経験を積むため、静岡に残り農業法人へ就職。

朝から晩まで一人でこなした生産は、

とても厳しく、失敗の連続だった。

それでも、何度も買いに来てくれるお客さんがいた。

「小林君のトマトは美味しいね。」

この、笑顔のために頑張っていきたい。

おかげで挫けず、前を向くことができ、

研究を重ねた翌年は大収穫となった。

2017年26歳の春、根羽村で小林農園をスタート。

山里の環境に悪戦苦闘しながら、

地元のママ、家族が増え農園はにぎやかになっている。

トマト大好き!と喜んでくれる子どもたち、

毎年、トマトを楽しみ待ってる方、

一生懸命、働いてくれているママのため、

安心安全な野菜づくり

豊かな自然がこの先も続くような
環境負荷ちいさな栽培

ママたちが楽しく働きやすい職場

を日々、心がけています。

源流の森 根羽村高原トマト小林農園バナー

COMMITMENT|こだわり​

環境負荷をちいさく

大切なふたつのECO

私たちの暮らしに必要不可欠な

<ecology>と<economy>

バランスの良い農業を心がけていきたいから

毎日、毎日、丁寧に手をかけて

農薬はほとんど使わない。

小林農園の自然人こどもに安心安全な栽培オーガニックに近づきたい
ワーキングママと楽しく続く農業を

農業で村おこし

この先も続く農業を

山暮らし、若者の仕事場に。

汗を流し、体を動かす気持ちよさ
長く楽しく続く農業を。

「働きたい!」と思う
お母さん、子育て世代のなりわいに。

家族の笑顔

食べることは生きること

私たちの大切な暮らしの時間だから

美味しくて思わず笑顔が溢れる

そんな、食卓づくりを応援するため

一生懸命、時間をかけて育てています。

食卓に安心安全家族の笑顔根羽村高原トマト小林農園のこだわり

小林農園の商品を探す

PROFILE|自己紹介

小林 智雄

小林智雄

故郷に若い世代に向けた「農」の仕事場をつくるため、静岡大学農学部に入学。

大学卒業後、静岡の農業法人に勤務。

2017年にUターン、根羽村の自然を活かした高原トマト栽培「小林農園」をスタート。

地域のママさん、家族と若者の仕事場づくりに挑戦中。

名前:ささきふきこ

好きなトマト料理:ピクルスとピザ

簡単なプロフィール:
東京から22歳の時に旦那の生まれ育った根羽村に移住してきました。2人(3人)の子どもを育てながらトマトを育てるお手伝いをしてます。小林農園は皆が仲が良く、とてもフレンドリーという言葉が似合う楽しい職場です。和気藹々としながらトマトに愛情を注いでいます♡そしてなんといってもトマトが美味しい!!!わたしは料理が好きなので、料理を通して小林農園の美味しいトマトを沢山の人に知ってもらって食べてもらえたら素敵だなと思っています。これからも精一杯頑張っていくのでよろしくお願いします♡

みさちゃん
好きなトマト料理:トマトのチーズ焼き、アヒージョ、アボカドとトマトのマリネ
旦那さん、子供2人、父、祖母の6人で暮らしています。小林農園は本当に楽しくて分け隔てなくとても良い環境で働かせていただいています。ぜひ遊びにきてくださーい。

FARM INFO|農園概要

会社名

小林農園 -Kobayashi Farm-

代表者

小林智雄 -Kobaayshi Tomoo-

所在地

〒395-0701
長野県下伊那郡根羽村中野4333

所在地

〒395-0701
長野県下伊那郡根羽村中野4333

ACCESS|アクセス

【ハウス】  
 営 業:月曜日~日曜日
 時 間:7:00~18:00
 定休日:冬季、他

MEDIA|テレビ・新聞

CONTACT
お問い合わせ

営業時間

月・火・木・金・日 8:00~17:00

※上記以外の曜日にお休みをいただくことがございます。